バイオジェニックス乳酸菌 | 免疫力 白血球免疫細胞 健康食品 | 株式会社サクラ・ノーリン

バイオジェニックス乳酸菌

 

バイオジェニックス 乳酸菌

『 乳酸菌は、なぜ体に良いか? メカニズムを解明 』
H25.06.21.日経新聞

小腸にいる免疫細胞「マクロファージ」が、乳酸菌(の成分)を食べると、
乳酸菌の成分のペプチドグリカンに刺激され、
細菌やウイルス(悪玉菌)を攻撃する働きを持った蛋白質
「インターフェロンβ(サイトカインの一種)」を分泌。
腸炎などを予防、腸を正常に守ります。

 

乳酸菌の流れ

昔は、牛乳などの動物性乳酸菌が一般的でした。
動物性乳酸菌は、熱や酸に弱く生きたまま腸に届くことは稀なようです。
最近になり、漬物から発見された植物性乳酸菌が注目され『胃酸・胆汁酸にも負けずに腸まで届く植物性乳酸菌』としてブームになりました。
「プロバイオティクス乳酸菌」です。
乳酸菌の効果についての研究が進み、『生きた乳酸菌の作用による効果より乳酸菌の菌体に含まれる成分が、免疫に及ぼす効果の方が大きい。
従って、『生菌・死菌にかかわらず乳酸菌の数が多い方が良い。』

「バイオジェニックス乳酸菌」の考え方に、時代は移ろうとしています。

 

バイオジェニックス乳酸菌

バイオジェニックス乳酸菌(乳酸菌生産物質)は、体外で腸と同じ環境を作り、乳酸菌と腸に棲む有用菌20種類余りを効果的に組み合わせ、北海道産・有機肥料栽培の安全で栄養豊富な大豆で作られた豆乳を餌に、共棲させ、長時間培養・発酵させて造られます。
出来た原液を、濾過・精製したものがバイオジェニックス乳酸菌です。
長時間培養・発酵させるため生菌・死菌の乳酸菌の数は、100億個以上/mlと従来のプロバイオティクス乳酸菌の数百倍にもなります。
バイオジェニックス乳酸菌には、乳酸菌などの菌体の成分「ペプチドグリカン」、菌の分泌・代謝による乳酸・酢酸・コハク酸、豆乳が分解してできた栄養素として多くのアミノ酸等が含まれます。

 

バイオジェニックス乳酸菌の作用

バイオジェニックス乳酸菌を飲用すると、乳酸菌の菌体の成分(ペプチドグリカン)が、腸の粘膜から吸収され直接白血球の免疫細胞・マクロファージを刺激し、活性化させます。
活性化したマクロファージは、抗体を出し抗体が、腸の悪玉菌に作用して腸の環境を整えます。
培養・発酵中に分泌された乳酸なども、腸の環境改善に働きます。
豊富なアミノ酸は、栄養素として摂りいれられます。

*また、マクロファージが活性化すると免疫力が高まり身体の全ての組織が改善されることも大変重要です。

 

従来の乳酸菌 

バイオDプロバイオティクス乳酸菌は乳酸菌を生きたまま腸に届け、腸に棲息させ乳酸菌が分泌する乳酸・酢酸が悪玉菌に作用して腸内環境を整えます。

ところが、胃酸・胆汁酸の壁を通り抜け生きたまま腸に届くことは難しく、腸に届いても、4~5日で便と一緒に排泄されると云われています。
このため、酸に負けない強い乳酸菌の育成、新たな機能を持った乳酸菌の発見、カプセルに入れて腸まで届けるなどの開発が進められています。

 

ご案内

バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)について詳しくお知りになりたい方は  バイオジェニックス研究会HP  をご覧下さい http://www.biogenics.jp/

  • Webショッピング

株式会社 サクラ・ノーリン

大阪府堺市中区大野芝町185

TEL:072-237-7723
FAX:072-237-7722

営業時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝
年末年始・GW・夏季の休業日

PAGE TOP